IEC TC111 VT62474 Japan National Committee (略称 国内VT62474)は IEC TC111の国内委員会内に設置された分科会のひとつです。

よくある質問と回答

IECについて

VT62474の”VT”とは

“VT”はValidation Team (検証チーム)の略です。 jeitaへのリンク

IECとの関係は

国内VT62474は、IEC/TC111の国内委員会です

国内VT62474の活動について

国内VT62474とは

国内VT62474は、IEC/TC111の国内委員会(事務局:JEITA環境部)に設置されている分科会の一つです。

JGPSSIについて

JGPSSIはまだ存続していますか?

JGPSSIは2012年5月に解散しましたが、IEC VT62474国際委員会の日本国内組織としてVT62474国内委員会に名称を変更し活動を継続しています。

JEITAは、引き続きVT62474国内委員会の事務局を担当しています。

JGPSSIと貴協会はどのような関係なのでしょうか?

JGPSSIは国際標準IEC62474 Ed1.0 が2012年3月に発行されたことに伴い2012年5月に解散しました。その間、JEITAはJGPSSIの事務局をしておりました。

JGPSSIの資料提出を求められた場合、回答フォームはどこから入手したら宜しいのでしょうか?

下記からの入手可能です。

http://vt62474.jp/toolv431.html

製品含有化学物質調査・回答マニュアル(最新版:2013.09.09)とは?

製品含有化学物質調査・回答マニュアル(最新版:2013.09.09)は、「グリーン調達調査共通化ガイドライン」のJIGに定めた調査を実施するマニュアルになります。

これが、JGPファイル形式で調査をする場合は、最新のものとなります。

「グリーン調達調査共通化ガイドライン」とは?

「グリーン調達調査共通化ガイドライン」は、旧JGPSSIで電気電子機器製品で調査する物質を定めたもので、その後、日欧米の工業会で取りまとめられたJIGに繋がり、現在は、このHPのVT62474が直接関係するIEC62474という規格につながっています。

こちらは、

http://std.iec.ch/iec62474/iec62474.nsf/MainFrameset

のIECのサイトから参照できます。

日本市場向けは、 JGPSSIあるいは JAMPのどちに対応すればよいですか?

それぞれ、一長一短あります。顧客の調査目的にもよりますので一概にはどちらがよいかの判断は難しいと思います。JGPSSIは、世界中の化学物質規制について直接回答を行う書式です。

一方、JAMP AISは、その部品における化学物質の成分を調査する方式です。すなわち、製品を部品にばらし、部品で使用されている材料に展開し、その材料がどのような化学物質で構成されているかを回答していく方式です。

直接、規制情報とはリンクしません。

2015年9月より、経済産業省の支援事業として、JGPSSI方式とJAMP方式を統合したchemSHERPAスキームの運用が始まっています。今後はchemSHERPAスキームが日本における唯一の方式となります。詳細は、下記ホームページをご参照ください。

https://chemsherpa.net/chemSHERPA/index.html

グリーン調達調査共通化協議会が制定した関連物質が、製品に含まれているか否かの問い合わせを受けています。

既にご存知かもしれませんが、JEITA内にありましたJGPSSIは発展的に解消し、IEC VT62474の活動に移管されました。

なお、最新のリストと2004.6.3発行の「グリーン調達調査共有化ガイドライン」等は、下記説明をご参照の上、本ホームページよりダウンロードして下さい。

①「Guidelines-jp-20040603」:

「製品含有化学物質管理ガイドライン」とは別に、JGPSSIの運用方法を解説したものです。

このガイドラインにはJGPSSI調査対象物質のリストが掲載されています。

② 旧JGPSSIの最新(最後)リスト:

JGPSSI Ver4.3のリストを含む調査回答マニュアルが最新となります。

③ JGPSSI自体の「後継ツール」のリスト:

IEC62474DBに掲載されている物質リストになります。

④JGPSSIVer4.31のマニュアル:

国内VT62474ホームページ(http://vt62474.jp/)のメニューの中から

「グリーン調達(旧JGPSSI)調査回答ツールVer4.31及び各種マニュアル等」をクリックします。

次に「3.Ver4.3 製品含有化学物質調査・回答マニュアル 第1.1版(訂正版)(日本語版)」

をクリックすると上記ガイドラインを継承した最新のJGPSSI調査回答マニュアルが

ダウンロードできます。