IEC TC111 VT62474 Japan National Committee (略称 国内VT62474)は IEC TC111の国内委員会内に設置された分科会のひとつです。

ごあいさつ

IEC TC111 VT62474 Japan National Committee (略称 国内VT62474)は、電気・電子業界及びその製品に関する製品含有化学物質情報伝達の国際標準規格 IEC62474 の日本国内登録分科会(事務局: JEITA環境部)として、IEC62474 物質リスト及びXMLスキーマの保守・改訂作業を担っています。

shusa

この分科会には、2016年11月時点で25社・団体が参加しており国際VT62474チームの活動に対応する国内審議組織として製品含有化学物質情報に関わる意見集約と情報発信などを行っています。

又、国内VT62474は、経産省の主導により開発された新たな情報伝達スキームであるchemSHERPAスキーマの国際標準化を推進するためにIEC 62474 XMLスキーマの改訂を積極的に働きかけています。
2015年度からはIPC1752Aとも情報交換を開始し、 chemSHERPAスキーマの更なる国際化を図っています。
製品含有化学物質情報伝達の国際標準化活動は、環境設計にも貢献できる環境社会活動です。
貴社の積極的なご参加をお願いいたします。

国内VT62474主査
古田 清人

国内VT62474への入会について

・年会費:JEITA会員企業:年額12万円(税別)、団体:年額36万円(税別)
※1:JEITA会員以外は、別途費用が掛かります。
<JEITA入会のご案内>
http://www.jeita.or.jp/japanese/admission/
※2:JEITA会員の確認は、下記URLでお願いします。
http://www.jeita.or.jp/cgi-bin/member/list.cgi